komatsumateRe

SDGs

化学物質管理方針

小松マテーレグループ 化学物質管理方針

2002年に開催されました「持続可能な開発に関する世界首脳会議(WSSD)」において、「2020年までに化学物質の製造と使用による人の健康と環境への著しい悪影響を最小化する」という目標が設定されました。これを機に、化学物質に関する規制、管理が世界的に強化されるようになっております。また、「2020年までにサプライチェーン全体の有害化学物質排出ゼロ」を目標に、アパレル・フットウェア業界の大手ブランドによる「ZDHC」※グループが設立され、活発に活動が展開されています。
このような世界的な化学物質管理の強化への動きに迅速かつ柔軟に対応するため、小松マテーレグループは、商品および製造プロセスにおいて、有害化学物質を適正に管理し、健康・安全・環境に対するリスクの最小化を目指していきます。

基本方針

  1. お客様に、人と環境に対し安全で安心のできる商品をお届けするよう努めます。
  2. 化学物質に関わる法規制や国際ルール、業界自主基準等の遵守に努めます。
  3. 商品や製造技術の開発において、作業者および商品の安全性と環境負荷に配慮した設計に努めます。
  4. 原材料について、サプライヤーより化学物質に関する情報を入手・管理し、企業活動による人と環境に対するリスクの最小化に努めます。
  5. 化学物質管理に関連する最新の法規制や自主基準の情報共有を図るため、定期的な教育を実施します。
小松マテーレ株式会社
環境管理委員会

制定日 2019年 3月 1日